仏教トップ > 仏教 > 教化用品 > そらを あるく しろい ぞう

教化用品

そらを あるく しろい ぞう
そらを あるく しろい ぞう


レビューを見る 絵本の紹介を見る
(協力 EhonNavi)

■ネット書店はこちらから■ Amazonで見る
唯野元弘/文
ひだか のり子/絵


インドのマガダ王国ラージギル(王舎城)の宮廷にいた白いゾウの話です。インドでは部族国家の時代、小国が分立していました。ゾウはインド人にとって、交通の移動手段として、農耕の友として、一番身近な生き物でした。その中でも、白いゾウはゾウの王として大切にされていました。マガダ国の王はゾウばかりが注目されることに嫉妬心を抱き、ついにゾウを殺そうと考えました。そのとき、ゾウは空を歩きながら次のようなうたを唱え、王舎城を去っていきました。「愚かな者は せっかくの 自己の名声 生かせずに かえってそれで 不利益の うずに巻き込む 他人まで」。そしてゾウはベナレスの王宮で迎えられ、幸せに過ごしました。仏教では幸せになるには(さとりにいたるには)苦しみをなくすことだといいます。苦しみをなくすにはその根源を断つこと、それは「煩悩」です。煩悩を断つことにより人は幸せになれます。嫉妬心も煩悩のひとつです。この物語はそんな嫉妬心を捨て、それぞれを認め合っていくことを勧めています。この絵本を通じて子どもたちに、人をうらやむことをやめて、互いに認め合って生きていくことを伝えていただきたいと思っています。

【著作者プロフィール】
■唯野元弘(ただの・もとひろ)/山口県生まれ。福岡、京都を経て東京在住。保育園や小学校での読み聞かせのほか、昔話の再話や絵本の構成などにかかわる。『あしあとつけたのだあれ?』(写真絵本)『きんいろのライオン』『ふくろうとにわとり』(鈴木出版)などの作品がある。
■ひだかのり子(ひだか・のりこ)/横浜市出身、在住。法政大学、文化服装学院を卒業後、服飾産業に携わる。教育機関勤務を経て、切り絵のイラストレーターとして活動中。絵本に『鑑真』(ミネルヴァ書房)、装画に『野生のゴリラと再会する』(くもん出版)。日本児童文芸家協会会員。

【セット名】
新選ジャータカ絵本 インドの昔話 (全5巻)
【セット構成】
ひに とびこんだ うさぎ
さるの はし
みんなで まもった ひなどり
きんいろの しか
新選ジャータカ絵本 インドの昔話 (全5巻)

税込価格 1,620円
(本体価格1,500円 消費税120円)
シリーズ 新選ジャータカ絵本 インドの昔話 [5]
ISBN(13桁) 9784790250302
ISBN(10桁) 479025030X
NDC 929
JANコード
商品番号 813215
判型 縦25.7×横21.0cm(表紙縦26.3×横21.3cm)
対象年齢 4~5歳児
体裁 上製
ページ数 28ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2013年4月
備考
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 1,620円 (本体価格1,500円 消費税120円)
注文冊数