ホーム > 言語教育・保育書・ワークブックほか > 幼児教育書 > 子どもからの保育・教育へ

幼児教育書

「有価性への想い」を検証する
子どもからの保育・教育へ
「有価性への想い」を検証する子どもからの保育・教育へ


村石昭三/著


幼児の言語教育の第一人者である著者が、著作物を通じて子どものことばを主にした「保育・教育問題」に、最も積極的な発言内容となった書籍で、三部構成になっています。
Ⅰ.子どもからの保育・教育問答
Ⅱ.子どもの語彙習得と有価性
(※有価性とは、価値あるもの)
Ⅲ.子どものひらがな筆順と有価性
本書は、幼児の「言語の育ち」の根本的動因を解明して、言語の保育と教育のあり方に、これまでにない有用な見方を教えてくれています。
著者の「有価性理論」は、従来の教育研究や学習・発達研究が見落としていた、生きる本人(育つ本人)の思いや感覚の重要性を照らし出して、生きる人々、育つ人々、そして育ちを助ける仕事に従事する人々に、その価値と喜びを再認識させてくれます。
子どもや生きる力を大事にするとは、そして、教師主導・大人主導ではなく、子どもの生きる力や育つ力の本当の味方となる教育観について、やわらかく静かに鋭く深く指摘しています。そして、本当はどうなのかということを教えてくれます。つまり、子どものもつ価値観に生命や育ちのすばらしい秘密を明かしてくれます。
それが、著者の「有価性理論」であり、著者自身が行ってきた様々な実証的研究の証拠を挙げながら、さらに具体的に解き明かしてくれています。

【著作者プロフィール】
■村石昭三(むらいし・しょうぞう)/1928年静岡県浜松市生まれ。東京文理科大学(現・筑波大学)心理学科卒。国立国語研究所言語教育研究部長、埼玉大学大学院教授、東京家政大学教授、等を歴任。国立国語研究所名誉所員。ことば遊び研究会代表。


税込価格 2,376円
(本体価格2,200円 消費税176円)
シリーズ
ISBN(13桁) 9784790272328
ISBN(10桁) 479027232X
NDC
JANコード
商品番号 003769
判型 A5判(縦21.0×横14.8cm)
対象年齢 教師向き
体裁 並製
ページ数 159ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2012年2月
備考 2012年5月21日、「教育家庭新聞」で紹介されました。
2012年6月20日と27日の両日、著者の村石昭三先生がテレビ神奈川の番組「イイコト! 11510~ハートフルナビゲーション~(午前 9:00~9:30)」内の「にほんごであいらぶゆう」コーナーに出演されました。
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 2,376円 (本体価格2,200円 消費税176円)
注文冊数