ホーム > 言語教育・保育書・ワークブックほか > 障害児保育書 > 関わりことば26

障害児保育書

子育てが楽になることばかけ
関わりことば26
子育てが楽になることばかけ関わりことば26

その他の画像 [1]
湯汲英史/著
斉藤 恵/漫画


子どもは、「そっと」「だめ」「大丈夫」「いっしょに」などの“関わりことば”を学ぶことで、自己コントロール力を身につけ、他者との関わり方を理解します。そんな“関わりことば”は、保護者や保育者にとっては、子育てや保育を楽にしてくれる魔法のことば。子どもに対することばかけの実例をコミックでわかりやすく解説します。
<関わりことば>とは・・・子どもの社会性の発達を促し、コミュニケーション能力を伸ばすことば。
【そっと】行動をコントロールする力を高める
【だめ】自分で判断できるようになる
【できた】区切りを教え、評価を伝える
【大丈夫】気持ちを落ち着かせてくれる
【いっしょに】人への関心を持たせ、社会性を育む
…など、計26の“関わりことば”を紹介。

“関わりことば”は、子どもに自分自身を知るきっかけを与え、自己コントロールする大切さ、まわりの子や大人との関わり方を教えます。そのために親や保育者は、日常生活の中で子どもに対してどのように“関わりことば”使い、ことばかけをしたらよいのか・・・。本書では、そのポイントをコミックで楽しく、わかりやすく紹介します。子どもが“関わりことば”を学ぶと、毎日の子育てや保育がぐんと楽になること間違いなし! ぜひ26の“関わりことば”を取り入れてみてください。

【著作者プロフィール】
■湯汲英史(ゆくみ・えいし)/言語聴覚士・精神保健福祉士 早稲田大学第一文学部卒。公益社団法人発達協会 王子クリニック リハビリテーション室、同協会常務理事。早稲田大学非常勤講師、練馬区保育園および学童保育巡回相談員など。『「わがまま」といわれる子どもたち』(鈴木出版)、『切りかえことば22』(鈴木出版)、『発達促進ドリル』(鈴木出版)、『なぜ伝わらないのか、どうしたら伝わるのか』(大揚社)、『決定権を誤解する子、理由を言えない子』(かもがわ出版)など著書多数。
■斉藤恵(さいとう・めぐみ)/マンガ家・イラストレーター。主な著書に『子育てはつらいよ!』(家の光協会)、他に『赤ちゃんの小児科BOOK』(=『赤ちゃんのBOOKシリーズ』 海竜社)、『子どもの本当の気持ちが見えるようになる本』(すばる舎)、アドラー博士が教える 10代の子には「親の話し方」を変えなさい』(青春出版社)など。主に子どもに関する書籍のイラストと漫画を担当。
発達協会のホームページ


税込価格 1,728円
(本体価格1,600円 消費税128円)
シリーズ
ISBN(13桁) 9784790272373
ISBN(10桁) 4790272370
NDC 376
JANコード
商品番号 003632
判型 四六判(縦18.8×横13.0cm)
対象年齢 一般・教師向き
体裁 並製
ページ数 224ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作 子どもが伸びる関わりことば26
初版 2013年7月
備考 著者の湯汲先生と漫画家の齊藤先生の貴重な対談です。
2013年9月2日、「精神医学 9月号(vol.55 No.9)」(医学書院)で紹介されました。
2013年9月9日、「日本教育新聞」で紹介されました。
2013年10月1日、「保育の友 10月号」(全国社会福祉協議会)で紹介されました。
2013年11月23日、「週刊ダイヤモンド 11/23号」(ダイヤモンド社)で紹介されました。
2013年12月14日、「Baby-mo 2013-2014冬春号」(主婦の友社)で紹介されました。
各種選定受賞歴
既翻訳国 中国(香港・マカオを除く)・タイ
税込価格 1,728円 (本体価格1,600円 消費税128円)
注文冊数