ホーム > 絵本・児童書 > 児童書・視聴覚用品 > ぼくの、わたしの、世界の学校

児童書・視聴覚用品

世界の子どもたち 1
ぼくの、わたしの、世界の学校
世界の子どもたち 1ぼくの、わたしの、世界の学校



■ネット書店はこちらから■ Amazonで見る
楽天ブックスで見る
マーグリート・ルアーズ/文
アリス・フィーガン/絵
大西 昧/訳


世界の子どもたちに取材した絵本シリーズ第1巻のテーマは「学校」です。世界にはさまざまな学校があります。場所や規模、形態などはちがっても、どの学校の子どもたちも、友だちといっしょに目を輝かせ、いろんな知識や知恵を学んでいるのは同じです。国際理解の入門編としてぴったりな内容です。
「世界じゅうで、どんな子どもたちが、どんな家に住み、何を食べ、何を大切にして、一日をすごしているのか、ちがいと共通点を理解し、たがいに学び合いましょう。わたしたちはみんな、地球という学校に通っているのです。」という著者のメッセージが反映された、多様性を学ぶきっかけになる絵本です。もっとくわしく知りたくなったら自分で調べてみましょう。アクティブラーニング教材としても役立ちます。

【著作者プロフィール】
■マーグリート・ルアーズ(Margriet Ruurs)/児童文学作家。教育者。カナダのサイモン・フレーザー大学で教育学修士号を取得。著書は35 冊以上にのぼる。カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のソルト・スプリング島で、「Between The Covers(次の本までの間)」という、本を愛する人たちのための宿泊施設を運営している。邦訳されている作品に『石たちの声がきこえる』(新日本出版社)などがある。
■アリス・フィーガン(Alice Feagan)/イラストレーター。カットペーパー・コラージュにデジタル加工を加えて作品を制作。アメリカ合衆国、コロラド州、エドワーズの山のなかで、ラブラドールレトリーバー、パグと夫と暮らしている。作品は、生まれ育ったノースカロライナ州に息づく先住民族のアートに強く影響されたという。
■大西昧(おおにし・まい)/愛媛県生まれ。翻訳家。東京外国語大学卒業。出版社で長年児童書の編集に携わった後、翻訳家に。翻訳作品に『ぼくはO・C・ダニエル』(鈴木出版)がある。

【セット名】
世界の子どもたち
税込価格 2,700円
(本体価格2,500円 消費税200円)
シリーズ 世界の子どもたち [1]
ISBN(13桁) 9784790233442
ISBN(10桁) 4790233448
NDC 380
JANコード
商品番号 006841
判型 縦30.4×横22.9cm(表紙縦31.0×横23.5cm)
対象年齢 小学校低学年~
体裁 上製
ページ数 40ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2018年11月
備考
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 2,700円 (本体価格2,500円 消費税200円)
注文冊数