ホーム > 絵本・児童書 > 児童書・視聴覚用品 > もしかして ぼくは

児童書・視聴覚用品

もしかして ぼくは
もしかして ぼくは


レビューを見る 絵本の紹介を見る
(協力 EhonNavi)
内田麟太郎/作
早川純子/絵


ヘビのにょろくんが、森の動物たちと軽口をたたきながら、いつものようにのんびり散歩をしていると、急に体が動かなくなって…。振り返ってみると、一番怖い「アイツ」がにょろくんのしっぽを踏んづけていたからさあ大変! どうなる、にょろくん! リズミカルに展開されるテンポのよいお話に、独特の太い線で人気のある画家早川純子さんのかわいいイラストがついて、なんとも愉快なナンセンス童話が出来上がりました。最後まで目が話せないお話です。

【著作者プロフィール】
■内田麟太郎(うちだ・りんたろう)/福岡県生まれ。『さかさまライオン』(童心社)で絵本にっぽん賞、『うそつきのつき』(文溪堂)で小学館児童出版文化賞を受賞。絵本作品に『これもむし ぜんぶむし』『おひげ おひげ』(鈴木出版)ほか多数。
■早川純子(はやかわ・じゅんこ)/東京都生まれ。多摩美術大学で版画を学ぶ。絵本作品に『はやくちこぶた』(瑞雲舎)『まよなかさん』(ゴブリン書房)『どんぐりロケット』(ほるぷ出版)ほか多数。挿絵に『みんなの家出』(福音館書店)ほか多数。

【セット名】
おはなしのくに
税込価格 1,188円
(本体価格1,100円 消費税88円)
シリーズ おはなしのくに [5]
ISBN(13桁) 9784790232728
ISBN(10桁) 4790232727
NDC 913
JANコード
商品番号 006905
判型 縦21.3×横14.8cm(表紙縦21.6×横15.1cm)
対象年齢 4・5歳児から
体裁 上製
ページ数 64ページ
収録時間
品質
色・形
類書・同書作
初版 2013年7月
備考 2013年8月31日、「日本農業新聞」で紹介されました。
2013年10月2日、「ピコロ 11月号」(学研教育みらい)で紹介されました。
2014年9月1日、「SLBA会報 2014年秋号」(学校図書館図書整備協会)で紹介されました。
各種選定受賞歴
既翻訳国
税込価格 1,188円 (本体価格1,100円 消費税88円)
注文冊数